読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機材は紹介しないと約束したな。あれは嘘だ。

今までに経験した中で一番の大怪我はアゴの骨折です。

f:id:Dragunova4:20160423212853j:plain

おばんです。ドラグノフです。

 

ひとつ気がついたことがあります。

 

このブログや僕のツイッターにアップしてる写真は全部僕が撮影したものになります。

(上のアゴの骨のポトレはレントゲン技師さんが撮影してくれたよ☆モデルは6~7年前のドラグノフ

 

 

僕は撮影した写真を見てくれ見てくれと騒ぐクセに、自分のカメラの紹介をしたことがないのです。

いつもツイッターでタグを辿っていろいろな方の写真を拝見させていただいているのですが、大体の方がプロフ等に使用機材を記載してくれています。

自分と同じカメラを使っている方を見ると、ちょっと嬉しく思ったりもします(笑)

 

なので今回は僕の使っているカメラやレンズ、を紹介しようと思います。

 

 

世界最軽量。求めたのは機動性。

f:id:Dragunova4:20160423214944j:plain

 

僕の愛用機はCanon EOS Kiss X7です。

 

このカメラはとにかく小さくて軽い!ボディーの重さなんと370g!

筋肉モリモリマッチョマンの変態でなくとも、簡単に扱うことができますね。

デジタル一眼レフといえば、大きい・重い・ゴツイってイメージがあると思いますが、X7なら手の小さな女性でも満足できるのではないかと思います。

 

僕はダブルズームキットを購入しました。

上の画像の18-55mm、55-250mmの2本のズームレンズが付いてきます。

自分の足で森や山を歩き回って鳥を探すので、今のところ250mmのレンズで満足していますし、ボディーも重たくないので非常に使いやすいです。

f:id:Dragunova4:20160424213135j:plain

焦点距離250mmで撮影。十分ですね。

 

 

明るい単焦点

僕は鳥だけではなく大自然、すなわち風景や植物、さらにはポトレなんかも撮影したいなと考えました。
Canonの思惑通り、コンパクトなEF-S 24mm F2.8 STMパンケーキレンズを購入しました。

f:id:Dragunova4:20160424080001j:plain

メイトリクス大佐こと、シュワちゃんと比較するとそのコンパクトさが伝わると思います。
 
このレンズはかなり被写体に寄って撮影できるので、テーブルフォトにも使えます。
f2.8と、ボケもかなりキレイです。
f:id:Dragunova4:20160424081220j:image

このレンズで撮影した北海道富良野の唯我独尊というお店のカレー。

美味しそうでしょ?
 

鳥を撮るときはズームレンズ、風景やテーブルフォトはパンケーキレンズ

そんな感じで使い分けてます。

 
 
 
ドラグノフノブログ、閲覧ありがとうございます。
Twitterも宜しくお願いします。